2017年冬開始TVアニメ『亜人(デミ)ちゃんは語りたい』あらすじと感想

シェアする

SNSボタン下

©亜人ちゃんは語りたい 1話 アニプレックス

こんにちは、コアラッコです。好きな漫画がまたアニメ化されて嬉しいです。

2017年冬アニメのオススメの1つである「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」が1月7日から始まりましたのであらすじと感想を書いていきます。

最近はweb最新配信がAbemaTVということも多くなってきた感じがしますが、これはAmazonプライムビデオ独占配信です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」あらすじ

バンパイアやサキュバス、デュラハン、雪女など。伝説上の生物で人間と少しだけ異なる人種「亜人(あじん)」。

近頃はデミと呼ばれる彼女たちと、彼女たちに興味津々な生物教師・高橋鉄男が繰り広げる、学園亜人系ドタバタコメディーです。

スポンサーリンク

「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」登場人物

「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」に登場する個性的な人物の紹介です。

高橋鉄男

©亜人(デミ)ちゃんは語りたい アニプレックス

大学生時代の論文のテーマを「亜人」に設定しようとするくらい亜人に強い興味を持つ生物の先生。一貫して良い先生です。

小鳥遊ひかり

©亜人(デミ)ちゃんは語りたい アニプレックス

八重歯がキュートなバンパイアの女の子。明るい性格で他の亜人ちゃん達との橋渡しをしてくれる存在。髪型はどう編み込んでいるのか不明。

町京子

©亜人(デミ)ちゃんは語りたい アニプレックス

デュラララなどでも登場する頭と胴体が分離したデュラハンの女の子。おっとりした性格でお胸が大きい。

日下部雪

©亜人(デミ)ちゃんは語りたい アニプレックス

雪女の女の子。この子含めみんな1年生です。

体温が低いためちょっと運動すると熱中症になってしまいます。

佐藤早紀絵

©亜人(デミ)ちゃんは語りたい アニプレックス

男の精力を奪う淫魔のサキュバスの先生。意識的に地味な外見にして、むやみやたらと男のひとを催淫しないように日頃から注意しています。あとお胸が大きい。

スポンサーリンク

「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」感想

各話ごとに感想を書いていきます。

1話感想

作画いい感じでした!A-1 Pictures制作で安定感がありました。原作漫画はそこまで絵が上手いというわけでもないので(独特の味があります)、可愛い亜人ちゃんたちの魅力がアニメで引き上げられていました!

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

あとはストーリーも大きく変わっています。まだ1話観ただけですが、ものすごく良くなっています。

些細なことで悩んだりする亜人ちゃんや、先生を頼るようになる過程も丁寧に描かれています。

個人的にはアニメ化大成功と言える1話でした。2話目以降が楽しみです。

2話感想

2話はデュラハンの町京子が主役のお話でした。デュラハンちゃんは高橋先生に頭を抱っこしてくれるよう頼んだり、ドラキュラの小鳥遊ひかりちゃんのはからいで高橋先生とデートすることになったりとデュラハンちゃんが可愛い回でした。

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

緊張しながら高橋先生に抱っこをお願いするデュラハンちゃん。かめはめ波みたいになってます。

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

デュラハンちゃんは寝るときに頭専用のおうちがあります。これなら寒くないし首も痛くならない!

デュラハンちゃんが高橋先生とデート中、身体はドラキュラちゃんの家に置いてきています。

ドラキュラちゃんはデュラハンちゃんの身体にいたずらしようとして・・・

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

©亜人ちゃんは語りたい アニプレックス

ポチッとされて手をブンブン振りながら怒るデュラハンちゃん可愛い。

他にも1話で距離を置かれていたサキュバスの佐藤先生が高橋先生を意識し始めたりと2話も楽しめました。

スポンサーリンク

まとめ

最近4巻が出たので読みましたが、1巻あたりはもう忘れてしまっているので読み直そうかなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大