「俺物語!!」の河原和音が原作の『友だちの話』感想

シェアする

SNSボタン下

こんにちは、コアラッコです。俺物語!!完結しましたね。一貫してイチャラブしてて幸せな感じでした。

その作者の河原和音さんが原作を担当した「友だちの話」を読みましたので感想を書いていきます。ちなみに「友だちの話」は全1巻で完結しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

「友だちの話」あらすじ

地味な外見に断ることが苦手な気弱な性格の英子。その英子の親友もえは一見するとふわっとした美少女なのにハッキリ物を言うキツい性格。ふたりは全然違うタイプですが、とても仲の良いふたり。

もえは多くの男子から告白されますが、もえと付き合う条件は『自分より英子を大事にすること』

そんな厳しい条件を満たす男子の土田が現れ、変化し始める親友との関係・・・というお話です。

スポンサーリンク

「友だちの話」感想

もえと付き合うってことは英子と付き合うってことだから

英子をもえより大事にしてね

一見すると百合の話か、または友だちをダシに使って告白を断っているように思いましたが読み進めていくと、もえは本気で英子を大事にしていることがわかります。

ある日そんな萌にそんな条件を満たす彼氏ができます。土田くんはとても優しい性格のイケメンで英子とちょっと似ている雰囲気を持っていました。

©友だちの話 河原和音(著) 山川あいじ(著) 20ページ

2人のはじめてのデートも3人で行き、英子は2人の恋愛を邪魔しているのではないかと気を遣い嘘ついて次のデートをドタキャンします。

その後も何かと言い訳をしながら2人きりにさせようとする英子ですが、彼氏の土田はもえに2人きりの時間が増えて嬉しいと伝えると、もえは激怒し別れを切り出します。

その光景を英子に見られますが、英子はもえにこう伝えます。

私もえがすごい好きだ

一生友達でいたいよ

そしてもえはどうしてこんなにも英子を大切にするのを話します。昔から見た目に反してキツイ、冷たい、調子に乗っているなどと言われてきましたが、英子はそんなもえを「もえちゃんってハッキリしてていいね!」と言われ、自分がこのままでも大丈夫といってくれた英子を大切にしようと決めたと。

©友だちの話 河原和音(著) 山川あいじ(著) 38ページ

ここまでが全3部のうちの1部です。2部以降ではもえではなく英子のことを好きなった男子と、その男子を見極めようとするもえの話になるのですが、ここからが最高でした。

フラれた彼氏、土田の友だちが登場し、最初は英子に嫌がらせをするのですが英子を知っていくにつれ徐々に女性不信気味だったところから英子を好きになっていく過程が最高でした。

そして英子とその男子が仲良くなっていくのを間近で見ることになるもえにも心境に変化が訪れます。

ぜひ読んでみて下さい。少女漫画の中でこれくらい誰にでもオススメできる漫画も珍しいです。

スポンサーリンク

まとめ

少女漫画ももっと読んでいきたいですね。個人的にはホリミヤとか俺物語とかのあんまりドロドロしない漫画が好きですので、おすすめがあればぜひ教えてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大