このシリーズはクロエが最高!24シーズン9(リブアナザーデイ)感想【ネタバレあり】

シェアする

SNSボタン下
24シーズン9

出典 24-LIVE ANOTHER DAY

こんにちは、ニート系社長コアラッコです。

24(トゥエンティーフォー)最新シリーズのシーズン9、リブ・アナザー・デイをAmazonプライムビデオで視聴しましたのでその感想です。

いやー24はシーズン6あたりで飽きを感じてしばらく観てませんでしたが、このシーズン9は結構面白かったですね。

あとジャック・バウアーは究極の巻き込まれ体質なので、だいたいのシリーズでは望まずに事件と陰謀に巻き込まれていきますが、シリーズ9では自ら進んで事件解決のための行動するのも目新しさがありましたね。

シリーズ9はAmazonプライムビデオで観れます。他にもAmazonプライムは色々と特典があるのでこの記事もあわせて読んでみて下さい。

【コスパ最強】Amazonプライムでできることベスト10

スポンサーリンク
レクタングル広告大

24-リブアナザーデイ(シーズン9)のあらすじ

シーズン9の舞台はロンドンです。そして今回のテロは「無人機遠隔操作テロ」です。

シーズン8で核兵器テロだったのでどう新鮮さを出すのかと思ってましたが、舞台をアメリカから移して高高度無人ステルス機を乗っ取るというのは時流を汲んでいて面白いと感じます。

今回は全12話で構成されていて11話までは1時間進行で、最終話で13時間分というイレギュラーな構成となっています。

スポンサーリンク

24-リブアナザーデイ(シーズン9)の各話感想・ネタバレ

各話ごとに感想を書いていきます。あんまりネタバレ過ぎるのは書きませんが、嫌な方は読まないことをおすすめします。

1話目(午前11:00-12:00)

いきなりジャックがアメリカのCIAに逮捕されます。シーズン8でジャックは私怨で結構な人殺しをしているため、国際指名手配されていたようです。

しかしCIAロンドン支部のケイト捜査官(金髪美人)だけがジャックがわざと捕まったのではないかと疑い、ジャックを尋問しようと行動します。

そして今回のテロである「無人機遠隔操作テロ」の序章が始まります。アフガニスタンでイギリスのアメリカ空軍基地所属のアメリカ兵が操作する無人機が、突然操作不能になり仲間をミサイル爆撃してしまいます。

1話目からこれまでのシーズンとは違う雰囲気が漂っていてこれは面白くなりそうだと期待できました。

2話目(正午12:00-1:00)

ジャックはわざとCIAに捕まっていました。同じくCIAに捕まっていたクロエ・オブライエンを助けるために。

今回の脱出作戦は非常に手際が良いと言うか、派手な脱出劇でしたね。

しかしただ友人というだけで助けたわけではなくクロエが所属していたハッカー集団のうちの1人がアメリカ大統領を暗殺するとの情報を得て、クロエに道案内させるためでした。

しかし正直クロエの見た目の変わりように驚きました。パンクスタイルの衣装に化粧、そして入れ墨と完全に悪党の見た目です。

クロエはエドワード・スノーデンのように1万件以上の機密文書を公開した罪で国際手配されていて、クロエ自身はそれを正義のために行っていると信じています。

まさかシーズン1から登場しているクロエがこういうキャラになるとは思いませんでした。

そして無人機遠隔システムを開発したハッカー集団の1人、イエーツはギャングの拠点でシステムの開発を終えたところでジャックに襲撃されます。ギリギリのところで逃げ出すことに成功しますが連れのビッチっぽい見た目の女性に殺されます。

展開が早くていいですね。2話時点でラスボスっぽいのはこのビッチの母親なんですが、これまでの流れからラスボスじゃないんでしょうね笑

3話目(午後1:00-2:00)

ビッチの母親は国際的テロリスト、マーゴットということが判明します。マーゴットは旦那さんを無人機爆撃で亡くしていて、その爆撃作戦を指揮していたアメリカ大統領ヘラーを恨んでいました。

マーゴットの目的はイギリス国内10箇所の攻撃と、ヘラー大統領の殺害を無人機で行うことでアメリカ政府に衝撃を与えることです。

シーズン9ではヘラー大統領の娘、オードリーが登場します。シーズン4〜6までのあいだヒロイン的な立ち位置だったあの人です(うろ覚え)

中国までジャックを助けに来て自分も拉致監禁されてしまう残念素敵な人です。

4話目(午後2:00-3:00)

ジャックは無人機の操作ログを手に入れるのために米国大使館に潜入します。

その操作ログを協力者のハッカーグループに送信するために通信室に立てこもります。

そこに事情を知ったヘラー大統領が説得のためにジャックに電話をし、ジャックはテログループが無人機によるロンドンへの同時爆撃と大統領暗殺の件を話します。

しかし大統領は最終的に軍隊に突入を指示しますが、CIAの金髪美人捜査官がひとりで部屋に潜入してジャックに自分を信じて操作ログを渡してほしいと説得。ジャックは捕まります。

金髪美人捜査官が活躍してきましたね。すごい好みです。あんまり活躍しすぎると死亡フラグが立ちそうで心配です。

5話目(午後3:00-4:00)

CIA美人捜査官が無人機操作ログをクロエに渡し、解析したコードから無人機が乗っ取られた証拠を見つけることに成功した。

CIAはすぐに大統領にそのことを伝え、テログループの主犯格マーゴットの捜索にあたります。ジャックは大統領にマーゴットに近づくために操作に加えるよう懇願しますが、大統領はそれを認めず。

本当にジャックは正義の人ですね。なぜこんなにも国家への忠誠心があるのでしょうか(今回はヘラー家への恩義がメインでしょうけど)

そしてマーゴットは世界中に公開した犯行声明の動画からマーゴットの拠点が判明しますが、それは罠でCIAの強襲部隊は無人機爆撃により大打撃を受けました。

5話までサクサクと展開していってます。5話はほぼジャックは捕まっていたので活躍しませんでしたが、後半からまた暴れだすんでしょうね。楽しみです。

6話目(午後4:00-5:00)

ヘラー大統領はマーゴット捜索のためにジャックを現場に戻す決断をします。

ジャックはCIA美人捜査官(名前を覚えてない)を説得し薬で眠らせ、マーゴットの取引相手である武器商人と接触するためにCIA捜査官を手土産とします。

その行為をイギリスの捜査機関MI5に監視され、MI5はジャックが目的を達する前に突入してしまいます。ジャックはなんとか目的を達しますが、CIA美人捜査官はすでに拷問をされていました。

ああ〜、本当にここで死んでしまうかと思いました。まだまだ活躍してくれそうですね。

そして今回もお約束の「お前も敵かぁあ!」というのがありました(よっ、待ってました!)

美人捜査官は夫が中国へ情報を漏らしていたことを見抜けなかったことで左遷される予定でしが、真相はCIA支部長が行っていたことで美人捜査官の夫は嵌められたということがわかりました。

7話目(午後5:00-6:00)

武器商人の取引データからマーゴットの娘の位置データを入手しますが、娘のシモーヌは事故に会い大怪我を負い病院に搬送されます。

マーゴットは娘のシモーヌが裏切ったことを知り搬送先の病院へ無人機爆撃を行います。

ジャックはシモーヌから母親の潜伏先を探るため尋問していましたが、間一髪のところで病院を脱出します。

またCIAでは美人捜査官の夫アダムが起こした事件で不審な点が見つかり、CIAエンジニアのジョーダンは無断でそれを捜査します。

明らかされると困るCIA支部長はジョーダンを1人で極秘任務につかせ殺そうと企てます。

7話の見どころは無人機爆撃をかわしながらのカーチェイスですね。ジャックは相変わらず一般市民から車を強奪しますし、破壊しますしやり放題でした。細かいところは完全に悪役なんだよなー、バウアーさん。

8話目(午後6:00-7:00)

ジャックは美人捜査官とクロエにそれぞれ手がかりを追うように指示し、ひとり大統領のもとへ向かいます。

大統領はテロリストのマーゴットと内密にテレビ電話をし、自分が指定された場所に行くことを了承します。かわりにマーゴットは大統領がひとりで来れば無人機をすべて破棄すると約束します。

大統領はジャックに自分を秘密裏に指定の場所まで連れて行くように依頼します。考え直すように説得しますが、大統領のあと1年で認知症が再発するという告白を聞き連れて行くことを決心します。

9話目(午後7:00-8:00)

マーゴットの指定場所のスタジアムに1人で立つヘラー大統領。そこへミサイルが直撃します。

大統領が死んだことを確認するとマーゴットは約束通り6機の無人機を海に沈めます。残り1機となったところで大統領の死が偽装されていたことに気づき、報復として避難市民で溢れている駅に爆撃の標的とするマーゴット。

ジャックはギリギリのところで誘導ミサイルを操作し爆撃を回避します。そしてマーゴットを窓から放り投げて殺害します。

ジャックはマジで鬼畜ですな。殺害することに躊躇がなさ過ぎます。

10話目(午後8:00-9:00)

CIA支部長は自分の保身のためにジャックが持ち帰った無人機遠隔操作装置を持ち出します。

支部長はハッカー集団のリーダーと繋がっていて、国外脱出を測りましたが装置を渡したところでジャックに捕まってしまいます。

ジャックは支部長を罠にかけ聞き出した装置を追跡するコードを入手し、ハッカー集団リーダーとクロエの元へ向かう。

その頃、リーダーとクロエは新しい拠点でハッカー仲間が全員殺されているのを発見。ハッカー集団のクライアントの元中国の工作員のチェンが装置を奪いにやってきていました。

チェンは装置を使ってアメリカの潜水艦に中国の戦艦を攻撃するよう仕向け、戦艦は沈みます。

11話目(午後9:00-10:00)

ジャックはハッカー集団のアジトに向かうがすでにチェンたちは逃げたあと。しかしクロエが残した録音メッセージから黒幕が自分を中国で拷問しつづけたチェンであることを突き止めます。

そしてここに来るまでに襲撃にあったロシア兵達はオードリーの夫が流した情報により動いたという真実を突きつけ、チェンたちの後ろ盾であるロシア大使の邸宅を襲撃するための囮に使います。

その頃中国は沖縄米軍基地への攻撃態勢に入っており、米中戦争が起こる一歩前の差し迫った状況になっていました。オードリーは中国からの攻撃を遅らせるため中国政府関係者に会いに行きますが、そこでチェン達に強襲され人質となってしまいます。

12話目(午後10:00-午前11:00)

オードリーを救い出すことに成功した美人捜査官。しかしさらなる銃撃に合いオードリーは死亡してしまいます。

ジャックは国外脱出のために貨物船に乗っているチェンたちを強襲します。そのときオードリーの訃報を受けたジャックが激昂しチェンを確保。それにより中国との戦争は回避されました。

しかし何者かにクロエが捕まり、ジャックは指定の場所に向かうことに。そこにいたのはロシア政府幹部の誰か。ジャックが捕まることを条件にクロエを開放します。

そのときジャックはクロエを唯一の親友だと告白し、物語は幕を閉じます。

スポンサーリンク

まとめ

いやー面白かったですねー。12話くらいだとちょうどいい感じがしますね。

いつも12話くらいで「お前も敵だったのか!」「黒幕の黒幕が登場!」とかの展開で飽きがあったので、すっきり終わる感じです。

これはシーズン9の2期というか続編がある終わり方でした。ロシアに捕まったジャックはまたひどい拷問を受けるんでしょうね。もうジャックをいじめ抜く脚本はやめてあげください。

続編が楽しみですね。

24リブアナザーデイはAmazonプライムで観ていますが、最近アニメが充実しているのでぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

Amazonビデオのおすすめアニメ16選【2016年12月版】

スポンサーリンク
レクタングル広告大