【Welq閉鎖の影響は?】健康・医療キュレーションサイトをまとめてみた

シェアする

SNSボタン下

キュレーションサイトイメージ

こんにちは、ニート系社長コアラッコです。

Welqの閉鎖後、DeNAパレット全体まで影響がでています。9つのサイトの全記事非公開とMERYの9割の記事が非公開となるなどDeNAのキュレーションサイト群は全滅が必至の状態となっています。

今後キュレーションサイトの周辺事業にも影響が出始めると思います。詳しくはこちら。

【DeNAパレット閉鎖】キュレーションサイトまわりでこれから起こる6つの予測

今回はWelqと同じ医療・健康・美容領域のキュレーションサイトの現在の運営状況を調査し、まとめました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

健康・医療キュレーションサイト一覧

健康、ヘルスケア、医療、美容、コンプレックスを扱うキュレーションサイトを中心に10サイトの運営状況をまとめました。

後述しますが、「Medical Note」という1サイトだけキュレーションサイトじゃないものも含まれています。

記事数は12月3日時点の記事数です。この日以前にどれだけ記事が削除されたかどうかはわかりません。非公開となっているものはインデックス数を記載しています。

PV数はSimilarWebでの数値ですので正確ではありませんので参考までに。

サイト名 運営会社 運営状況 記事数(12/3) PV数
からきゅれ 株式会社マイピクセル 運営中 36,531記事 301,395
Healthil(ヘルシル) 株式会社Candle 非公開 約34.600記事 4,366,725
メディシル ポート株式会社 閉鎖 0記事 1,144,253
ケアくる 株式会社ケアくる 運営中 42記事 208
ミナカラ 株式会社ミナカラ 運営中 612記事 1,645,531
ハゲラボ 株式会社Goroo 運営中 2,215記事 1,479,738
NICOLY:) 株式会社ニコリー 運営中 2,988記事 1,952,412
hanimi 株式会社ByThink 運営中 1,110記事 10,803
Dental!! 株式会社ドリームス 運営中 943記事 27,269
Medical Note 株式会社メディカルノート 運営中 2,844記事 928,447
medical-note 不明 運営中 8,689記事 不明

12月3日時点でサイト閉鎖、または非公開となっているのは「Healthil(ヘルシル)」と「メディシル」の2サイトでした。

スポンサーリンク

Healthilはクルーズに買収されているため停止か?

「Healthil(ヘルシル)」を運営している株式会社Candleはクルーズ株式会社に10月に約12億円で買収されています。

クルーズ株式会社は上場企業ですので、Welqの状況を見てさすがにまずいと思ったのでしょう。飛び火する前にDeNAパレット閉鎖と同じ12月1日時点で記事非公開にしています。

株式会社Candleはすごいタイミングで売り抜けましたね。キュレーションサイトが高値で買われる最後のタイミングでした。

株式会社Candleのホームページ上ではサービスからキュレーションサイト群がなくなっていますが他にも自動車メディア「Carcast」、旅メディア「JOYTRIP」、食メディア「taspy」を運営しています。

スポンサーリンク

メディシルはすでにインデックスもなくなっている

株式会社ポートが運営する「メディシル」はサイトにアクセスすると503エラーとなっていて(ここが少々怪しいが)、すでにインデックスもされていません。

記事は非公開ではなくサイト丸ごと消去した可能性が高いです。

これだけ念入りな対応をするのは株式会社ポートが新規事業として遠隔医療サービスを推進していることが大きく関係していると思われます。

ITを通じて医師による診療、医薬品の受け取りまでを可能にする、遠隔診療プラットフォームサービスを国内初のリリース。ヘルスケア業界へ、テクノロジーの力で本格参入

本丸のこちらに波及する前にケリをつけたかったということでしょう。

株式会社ポートは宮崎県にサテライトオフィスを構えてパクってリライト記事を量産する体制を整えているようです。ポート運営のキュレーションサイトでもっとも大きい「キャリアパーク」では他サイトからの記事・画像の盗用が問題となったこともあります。

DeNAの”welq&MERY”の騒動が鎮火する前に… 過去にパクリで糾弾されたキュレーション()サイトをピックアップ

スポンサーリンク

 「からきゅれ」は閉鎖秒読みか?

株式会社マイピクセルが運営する「からきゅれ」。記事数も多く、記事内容はWelqや非公開になったサイトと似ています。

マイピクセルの親会社はmusic.jpやルナルナなどを運営する株式会社エムティーアイです。

2015年12月にエムティーアイからマイピクセルへ運営会社が変更されています。エムティーアイは東証一部上場企業のためリスクヘッジのため関連会社にサイトを移したのでしょうか。

しかしエムティーアイはルナルナの他にも医療サービスサイトを複数運営していること、一部上場企業であるということを考えると、いつサイト閉鎖を決断してもおかしくないでしょう。

余談ですが同じくらいの記事数のヘルシルとはPV数に差がつき過ぎですね。その差およそ14倍。

スポンサーリンク

「ミナカラ」はきちんと運営している(と思われる)

詳しくは調べていないが何記事かをコピペツールでチェックしたところ、リライト記事量産の可能性は低いサイトと判断しました。

むしろWelqとがミナカラから盗用しているものも確認しました。

「ケアくる」は記事は少ないがリライトの可能性あり

Carecle(ケアくる)は「マッサージ・セラピスト手配アプリ」を運営している会社が2016年8月にサイト運営が開始されています。

アプリへの流入目的で運営されていると思いますが、いくつかの記事は他サイト(welqなど)からのリライトの可能性が高いです。

アプリに影響が出る前にサイトを閉鎖することもあるでしょうか。

巨大アフィリエイトサイト「ハゲラボ」

やっと我らがハゲラボの出番です!禿げのコンプレックス解消サイトということですが、実態は「育毛剤をアフィリエイトするために記事を量産している」だけの巨大アフィサイトです。

ハゲラボ

上記はハゲラボトップページに掲載されている育毛剤のランキングです。

1位になっているチャップアップはアフィリエイト広告を積極的に展開していて、1商品買われるごとに1万〜2万の間くらいの報酬単価を出す広告主です。

なぜこんなにも高単価を出せるのか気になった人はこちらを読んでみて下さい。

コンプレックス商材の最近の売り方とアフィリエイトついて毒を吐く

ハゲラボはこのチャップアップの記事を85記事掲載しています。

ハゲラボ

2件目に「チャップアップは効果なし」という記事がありますが、結論としてはチャップアップが効果を期待できる育毛剤として書いています。

面白いのは効果があったという口コミの引用元が同じくアフィリエイトサイトということです。

アフィサイトからアフィサイトへと捏造口コミが引用されていく構図が見えますね。

ハゲラボを運営する株式会社Gorooはユナイテッド株式会社に約8億で買収されました。

ユナイテッドは広告サービスを運営する企業ですので、Gorooが運営するコンプレックス解消メディアを保有できればシナジーが出ると考えての買収だと思われます。

たしかに広告主を抱えている企業がメディアを持つことは相性が良いですが、ハゲラボはアフィリエイトサイトですので基本的に単価の高い商品をおすすめすることになります。

決して日本で唯一医薬品として認められているリアップを一番にオススメすることはないです。報酬によって記事の内容が左右されるアフィリエイトサイトは基本的に害悪です。

ハゲラボの中の人のまわりでチャップアップで育毛効果があった人は1人でもいるのでしょうか??

NICOLY:)は約3割の記事が医師監修済み

元ドウゲンザッカーバーグの株式会社ニコリーが運営する「NICOLY:)」

ハゲラボと同じくコンプレックス解消サイトですが、約33%にあたる1022記事が医師監修済み記事となっています。

医療関係者というふうに看護師なども含めるようなこともせず、美容外科の医師による監修を受けています。

ただし引用画像が出典元は記載されていますが、画像は引用元のサーバーから都度引っ張ってきています。僕も詳しくはないのですが、引用画像で引用先にサーバー負荷をかける行為は悪質行為になるとかなんないとか。詳しい方教えてくださいm(_ _)m

正体不明の「medical-note」!!同名サイトも迷惑

「medical-note」は8,689記事もある健康医療キュレーションサイトですが、運営者もPV数も不明なサイトです。

welqなどと同様にパクってリライト中心の記事ですが、運営者が個人または零細企業のためサイト閉鎖の可能性は低いと思われます。

今後薬事法や行政の処分の方向が変わらない限りは大手が入ってこないこの領域で荒稼ぎしていくことになるでしょう。

しかし個人的には同名の医療サイト「Medical Note」とサイト名が重複していることが気になります。

こちらのサイトはほぼすべての記事を医師が書いており(取材記事もあり)、サイト運営会社の経営陣も医師で構成されています。

個人的にはとても良いサイトだと思いましたので唯一この記事でリンクしています。

このサイトを探すユーザーにとって「medical-note」は紛らわしいのでぜひご退場頂ければと思います。

まとめ

いやー案外時間かかりました。記事数の変更や閉鎖などあれば更新していきます。

上記のサイトで間違っている箇所や追加すべき情報などあれば教えてくださいm(_ _)m

とりあえず恒例のやつをやって締めましょう。

ハゲラボ、次はお前だ!

スポンサーリンク
レクタングル広告大

コメント

  1. almond より:

    こんにちは。初めてコメントします。

    ハゲラボは本当にひどいと思います。
    あちこちのブログからパクっているのを見かけますし、
    何よりも人の弱みに付け込んで、効きそうもない育毛剤を推すところが嫌です。
    ここも早く閉鎖してほしいです。

    • oze3 より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      その人にとってコンプレックスとなっていることは、他人相談しづらいためどうしても検索して解決策を探してしまいます。
      ハゲラボ含め推してる商材に効果がないと分かっていながら、報酬単価が高いことを理由にあたかも効果があるように見せるのは害悪だと考えています。
      薄毛解決についてはプロペシアなどクリニックで処方される薬もありますので、そちら推すのならば良いと思います。せめてリアップだろうと。
      上場企業に買収されたハゲラボには副作用もなくて効果もないただの栄養水を売るのはいち早く辞めてほしいと思います。

  2. kim より:

    はじめまして、興味深く読ませていただきました。

    ハゲラボを見ましたが、コピペメディア、詐欺まがいの商材とツッコミどころ満載ですね。他にもたたけばホコリが出てきそうです。
    代表の言葉も気持ちがこもっておらず、自身を大きく・よく見せるためだけの薄っぺらい印象を感じます。
    アドバイザー的な人もいたみたいですが、搾取の仕方は教えられてもあたりまえの倫理観は教えられなかったようですね。

    • oze3 より:

      ご返信ありがとうございます。ハゲラボはキュレーションメディアではないですが、リライト中心のアフィサイトで、その他に脱毛ノートやマシュマロ(バストアップ特化)のサイトも運営していてどちらも単価の高い商材を中心に紹介しているアフィサイトですね。

      どちらにしろ上場企業が買収して運営するサイトではないですね。。

  3. 悩み厨 より:

    ハゲラボに騙されたいちユーザーです。
    いまだに閉鎖してないですね。
    代表は逃亡中だし。