大隊編成編のゲスさが可愛い!漫画『幼女戦記4巻』ネタバレ感想

シェアする

SNSボタン下

こんにちは、コアラッコです。

コミック版幼女戦記の4巻のネタバレ込みの感想を書いていきますので、毎度のことですがネタバレNGの方はご注意ください。

では早速ターニャと愉快な部下たちの天国の日々を描いた4巻の紹介を始めます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

大隊編成を遅らせたいターニャだが・・・

安全な後方勤務を熱望していたはずが、准将閣下との認識の相違により前線を渡り歩く魔導大隊の隊長に任命されたターニャ。

むちゃくちゃ厳しい内容の求人募集をして何とか人が集まらないように画策するが、帝国の魔導師はドMなので大量に募集がきてしまう結果に。

策は失敗し、募集が集まっているのに編成できませんでしたでは評価が下がると、与えられた副官とともに求人の精査をかけていくことに。

そこで副官として登場するのが小隊長時代の部下、セレブリャコーフ伍長!

うん、可愛いね!アニメ版タコ娘も悪くないけどコミック版の伍長が可愛すぎるんだよなー。

ちなみに伍長は士官学校を卒業し、少尉となっています。

あともうひとつ紹介したいのはターニャが計画が敗れた無念さから生前のサラリーマン時代の白昼夢を見ていたときに出てくるOL風セレブリャコーフがむちゃ可愛い。

というわけで幼女戦記4巻のネタバレ紹介でした。と終わってもいいくらい可愛い(笑)

とにもかくにも大量に募集がきてしまった以上は処理しなければ能力がないと判断されると考えたターニャは、編成を遅らせることはほぼ諦めて危険な前線で自分の盾となる優秀な部下を育成することを決意。

そうなると募集してきた魔導師の中から優秀な人材だけを大隊に組み入れたいターニャは、中央のエリート魔導師でも半分しかクリアできない試験を実施。

東部の魔導師はほぼ全滅してしまい上官からクレームが入っても准将閣下を味方につけこれを一蹴。

自分のための屈強な盾を作ることに執着してるだけなのに、一流の兵士に育て上げる気概にあふれていると評価されてしまう。まあこれは評価されていいんでしょうけど、前線の指揮官としての評価ばかり上がっても仕方がないと。

そんなこんなで基準を満たさない魔導師を含めた60人以上が集められ、ターニャとの楽しい訓練の日々がはじまるのだった・・・。

スポンサーリンク

ターニャと愉快な部下たちの地獄の1週間がはじまった

訓練初日の高々度飛行訓練を終えた部下たちが各自の部屋に戻って休もうとしたそのとき。

宿舎を木っ端微塵にした・・・。この満足気な顔!

これから1週間の戦域機動訓練を行うと宣言したターニャは第一チェックポイントまで魔法なしで行くように指示を出す。

魔法は使っても良いが合同練習相手の砲撃部隊が魔法を感知したら一斉射撃を行うと。

魔導師でありながら魔法なし装備ほぼなしの状況で48時間サバイバルが始まった。

この時点でもうセレブリャコーフ少尉かわいそうだなって思ったけどこんなのはまだ序の口だった・・・。

第一チェックポイントに到着した部下たちを襲ったのは36時間耐久の砲弾防衛訓練。

理由は砲撃部隊が暇そうだったから。ターニャは悪魔やで。

最初に見本として砲撃をすべて撃ち落とすターニャ。

神の奇跡であるエレニウム九十五式をフル使用してます。これは使うときに神を賛美する仕様が盛り込まれているので、訓練中ほぼ使用していたターニャは訓練中の記憶が曖昧で部下からはいつでも神への祈りを忘れない信徒だと思われます。

48時間のサバイバルから36時間防衛訓練を経て部下たちを次に襲ったのは「対尋問訓練」。

じっくり見ればおわかりになると思いますが、セレブリャコーフ少尉も全ら・・・ぐふっ(泣)

ターニャの訓練内容はネイビーシールズなどの特殊部隊の訓練内容も知識として持っているので苛烈です。

マジで苛烈です。不眠不休の高ストレス訓練にさらに追い打ちをかけてくる。

対尋問訓練が終わったら今度は死にかけるレベルサバイバルが始まる。

セレブリャコーフ含め何名も命を失いかけるが心臓が止まれば蹴って心臓を再び動かして蘇生してから訓練に戻すので死ぬこともできない。

そんな地獄のような訓練も終盤になってくると部下たちも変なテンションと忠誠心が生まれてくるのである。

「白銀」殿の糞餓鬼殿め

この調子ではご成長なさる頃には帝国の大英雄になられるに違いない

その時我らは英雄の尖兵か おとぎ話の様だな

これはもう完全に洗脳され切ってますね。

セレブリャコーフ少尉に関してはターニャを神の使徒だとすら感じています。

こうしてターニャと愉快な部下たちの結果的には天国のような訓練の日々は終わり、ターニャ専用のヒューマンシールドが完成したのであった。

スポンサーリンク

訓練後のターニャは身長が伸びないことを気にしてた

成長期なのに身長が伸びないことを気にしているターニャは軍医に相談する。

いつもどおり何か誤解されながらも女性である自分をまわりが気遣ってくれていることに感謝するターニャ。

ノリツッコミがキレッキレなターニャ。

もうこの世界で11年女性をやってますからね。慣れと言うのは怖いですねー。

存在X(神か悪魔)は自分の人格をもてあそんでいるのかブツブツ言いながらお風呂に入るターニャ。

そう、4巻にはターニャの入浴シーンがあるのです。

都条例に引っかかると怖いので載せませんけどね!まあ出版できているのでそんな心配はないですが(笑)

入浴中にいつのまにか身に着けていたロザリオを見つけるターニャ。

そしてうっすらと訓練期間中のことを思い出します。

ターニャは徹底的に厳しい訓練をして全員脱落すれば候補者のせいにして前線に出るのを遅らせる予定でした。

それであの訓練内容だったのですが、訓練後半からエレニウム九十五式をフル使用していたため意識が混濁とし、最期の記憶は訓練終了時の演説でした。

本日をもって貴様らは無価値なウジ虫を卒業する!!

本日から貴様らは帝国軍魔導師である!!!

戦友の絆に結ばれる貴様らのくたばるその日まで

どこにいようと軍は貴様らの兄弟であり戦友だ!!

これより諸君は戦地へ向かう

ある者は二度と戻らない だが肝に銘じておけ

そもそも帝国軍人は死ぬ!!

死ぬために我々は存在する!!

だが帝国は永遠である!!

つまり

幼女の大演説だよ!こんなん聞いたら奮い立たざる得ないわ。

かくして精鋭揃いになってしまった魔導大隊は、その苛烈な訓練内容に驚いた参謀本部や上官の要請で、帝国南部のダキア公国国境付近まで派兵することになったのである。

スポンサーリンク

まとめ

4巻はまるっと大隊編成の回でしたね。

5巻以降は魔導大隊の初戦からはじまります。5巻の紹介はこちらをどうぞ。

世界大戦の幕開け!漫画「幼女戦記5巻」ネタバレ感想

スポンサーリンク
レクタングル広告大