女子中学生と30歳無職の15歳差ラブコメ『海咲ライラック』

シェアする

SNSボタン下

どうもこんにちはコアラッコです。そろそろ2巻目が発売されるとtwitterで見たので積読していた「海咲ライラック」を読みましたので感想いきますー。

最近お仕事が忙しくて週刊誌や月刊誌を消化していくだけでいっぱいいっぱいで単行本の積ん読が300冊くらいになりました。4月からおヒマになると思うのでどんどん読んで感想を書いていく所存です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

あらすじ

こんなダメな人なのに…
なんでこんなにドキドキしちゃんだろう!?

面倒見が良く、島の皆から好かれる中学生「葉月海」。
都会から越してきて民宿を始めたが、毎日ダラダラしてばかりの「井上風太」。
年は15も離れた30歳。
デリカシーはないし、頼りない…
それでも彼の言葉にドキドキ&赤面させられっぱなしで――。

純朴女子中学生と冴えない30オトコの年の差ラブコメディ開幕!

引用元 : Amazon

スポンサーリンク

みどころ

ラブコメの主人公が可愛くなかったら元も子もないですが、海ちゃんは理想的な15歳女子として可愛く描かれています。

両親はいないけど祖父母と暮らし、料理掃除の家事が得意で島のみんなから愛される海ちゃん。

©海咲ライラック (著)険持ちよ

うん、可愛いですね。家事スキル高い黒髪ポニーテルのお嫁さん欲しいです(笑)

そんな海ちゃんの家の隣に東京から引越してきて民宿を始めた30歳の井上風大に恋をしてしまいます。

©海咲ライラック (著)険持ちよ

民宿を開いてからまだ1人もお客さんが来てないほぼニートな風太。東京から元同僚が迎えにきたりと何か訳あり風ですが、だらしがないけどのんびりとしてるいいおっさんです。

面倒見の良い海ちゃんはこんな正体不明なおっさんの部屋を掃除したり、祖父母と一緒に自分の作った夕ご飯をごちそうしたりしています。

これは恋愛感情はなくやっていたことですが、ある日風太とふたりで海をみているとき「海がが好きなんだ」と景色のことを言った風太の言葉に自分のことかと意識してしまう海ちゃん。

これがきっかけとなり風太を好きになってしまいます。

©海咲ライラック (著)険持ちよ

年の差15歳でかつ相手が中学生なので風太は海ちゃんの気持ちに応えることはしません。

表紙は艶めかしい雰囲気ですがストーリーはそこまでいやらしい感じはありません。ほのぼのしたラブコメです。

スポンサーリンク

まとめ

風太がなぜ東京から島に引越してきたのか、海ちゃんの恋は報われるのか。

僕としては海ちゃんが16歳になってからの結婚エンドでお願いしたいところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大