アニメでは描かれなかったμ’sの活動日誌を描いた『ラブライブ! School idol dairy』

シェアする

SNSボタン下

©ラブライブ! School idol dairy (著)おだまさる

ただただ可愛いモノを見たい、そんなときもあります。

可愛い=アイドルということでラブライブの漫画があったので3巻まとめて読んでみましたので感想とあらすじを書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

あらすじ

μ’sの活動日誌として1巻では2年生メンバー、2巻では1年生メンバー、3巻では3年生メンバーが主役となって描かれています。

アニメのコミカライズではなく完全新作のため、本編のストーリーを補完するようなネタも多くよりラブライブの世界を楽しめるマンガになっています。

スポンサーリンク

みどころ

「ラブライブ! School idol dairy」オススメポイントを書いていきます。

作者にローアングルへの執着を感じる

©ラブライブ! School idol dairy (著)おだまさる

©ラブライブ! School idol dairy (著)おだまさる

1巻だけでローアングルのカットが5カットほどあります!(笑)

そして個人的な印象ですが他のカットより力が入っている感じなんですね。スカートの裏地にこだわりを感じます。

上の2カット目は穂乃果の妹の雪ちゃんですが、影の感じとかふとももから汗が流れている感じとかすごく良いですね!

あとお風呂上がりでラフな恰好なのに女子を感じる部屋着にグッときます。

キャラの背景をもっと知れる

©ラブライブ! School idol dairy (著)おだまさる

©ラブライブ! School idol dairy (著)おだまさる

海未ちゃんお稽古ありすぎでしょう!(笑) 日本舞踊と剣道だけじゃなくて、古武術に薙刀に弓道と武士の娘みたいな生活してますね。

そして真姫ちゃんの幼女時代も描かれています。良い子の呪いにかかっている真姫ちゃんが自分の意思で父親にアイドル活動を続けたいと伝えるシーンはグッときました。

その他にもキャラクターの背景を深掘りする話が満載でラブライブ好きなら読んでおくべきマンガです!絵もかわいく描かれているので癒やされますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いやー、癒された!最高に可愛いですな。可愛いは正義ですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大