女ヲタの異世界転生『異世界で黒の癒し手って呼ばれています』ネタバレ感想

シェアする

SNSボタン下

©異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています


こんにちは、コアラッコです。異世界転生したら武器職人になりたいです。

完全に積読だった「異世界で黒の癒し手って呼ばれています」のコミカライズ版を読みましたので、ネタバレを交えつつ感想を書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

あらすじ

ある日突然、異世界トリップしてしまったちょっとオタクな私、神崎美鈴、22歳。気付けば見知らぬ原っぱにいたけれど、その一方でステイタス画面は見えるし、魔法も使えるしでなんだかRPGっぽい!?そこで私はゲームの知識を駆使して魔法世界にちゃっかり順応。かっこいい騎士さん達と出会い、魔法で異世界人を治療して、「黒の癒し手」って呼ばれるように。一応日本に戻る方法は探してるけど…どうなることやら?ゲームの知識で魔法世界を生き抜く異色のファンタジー!

出典 : Amazon

ウェブ小説投稿サイトのアルファポリス作品です。小説は未読ですが、単純に魔王討伐したヤッター!とか転送手段が見つかったぜーヒャッホー!みたいな展開にはならないみたいです。

スポンサーリンク

みどころ

©異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています


主人公の女の子がRPG風ファンタジー世界に順応していくのを見るのが楽しいですね。僕だったらまず絶望するだろうないうところで、ゲーヲタの好奇心と合理性で持ってレベルアップしていく様は小気味が良いです。

主人公は異世界では「癒し手」、つまりヒーラーとして転生したのですが、この世界では珍しくまた力も強いため面倒事に巻き込まれていきます。

そして癒し手として異世界の住人を治療していく中で責任感や使命みたいなものも生まれてきます。主人公の成長物語もしっかり見せてくれてますね。

異世界の設定はTHE異世界転生ファンタジーの世界観なので、RPG好きや異世界転生モノが好きであれば読みやすいかなと思います。

作画担当の村上ゆいちさんがコミカルとシリアスのシーンの描き分けが上手いので、サクサクと楽しんで読めます。

スポンサーリンク

まとめ

みどころをあんまり書いてない気がするので1つ追加すると、主人公の女の子の「黒髪ロング童顔+長めのスカート&ブラウス」が僕の好みどストライクです。ええ、嫁にはいつも「この精神童貞がッ!」と言われています(笑)

ではまた!

スポンサーリンク
レクタングル広告大