【このマンガがすごい!2017オトコ編2位】『私の少年』ネタバレ感想

シェアする

SNSボタン下

©私の少年 高野ひと深(著)

こんにちは、そろそろ三十路になるコアラッコです。「私の少年」、良いタイトルですね。

このマンガがすごい!2017でオトコ編の第2位になったので読んでみようかなと。そうしたら予想以上に面白かったので紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

「私の少年」のあらすじ

スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。
元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。
それぞれが抱える孤独に触れた二人は互いを必要なものと感じていく。
この感情は母性? それとも――。

出典 : Amazon

というような流れで色々と身の振り方を考えなければならい30歳独身女性彼氏ナシが、家庭環境が複雑な美少年にサッカーや勉強を教えたりと仲良くなっていきます。

しかし少年は父子家庭でかつ父親から愛されていないだろうと思われる服装、生活を送っていることが徐々に判明し、サッカーを教えるだけの他人という微妙な距離感の中でどう少年と接して助けてあげればいいのかを悩み続けるお話です。

スポンサーリンク

「私の少年」の見どころ

「私の少年」の見どころは「ショタ萌えの担当のリテイクの嵐を通り抜けた美少年の作画」、そして「それぞれの孤独の中で互いに互いの傷を舐めるような優しい関係性」です。

この漫画には担当さんが2人付いているのですが、そのうちの1人の女性担当者さんは根っからのジャニオタでショタ属性の持ち主です。そのため「あとちょっとの美少年成分」とか「あとひとさじ分のショックを(作者が電話で聞いたときは「ひとさじ分のショタを」と聞こえたらしい)」など完成原稿からさらに細かい修正指示が飛んできます。

美少年を描くということにこれほどマッチした担当さんはいませんね。巻末にリテイク前と後の作画が掲載されていますが、確実に良くなっているんですね。

そしてこの漫画で何度も登場する主題の「親でも親戚でもない他人の大人が他人の子供にどれくらいまで関わってよいのか」という距離感を測りながらも恵まれない環境にいる少年に優しくする主人公。

少年と主人公は徐々に互いを必要する関係になっていきます。そこには愛情と呼べるものがたしかにあるのですが、それは友情でもなく男女間の愛情でも親子間の愛情でもない。

そんな宙ぶらりんな愛情が作品を覆っているような印象を受けます。この物語がどこに行き着くのか、楽しみでたまりません。

スポンサーリンク

1話のみネタバレ感想

スポーツメーカーに勤めるバリキャリの30歳独身女性の多和田聡子は、仕事帰りの公園で缶ビールを空けていた。そこに毎朝リフティングを練習していた少年を見かけリフティングの手本を見せます。

そして少年のほうを向くとそこには美少女、ではなくとてつもなく顔が整った美少年の早見真修がいました。

©私の少年 高野ひと深(著)

もう暗いし親御さんも心配するから帰りなさいと話す聡子だが、心配はしていないと話す真修。その場はこれで別れ、翌日公園に置き忘れた缶ビールがないか見に行った聡子は小太りの不審者に腕をつかまれている真修を見つける。

母親のフリをすることで切り抜けるが、今後こういうことがないように夜の練習はやめるよう忠告する。しかしクラブのテストが近々あるため練習したいという真修。

心配なので来週のテストまで毎晩19時に公園に集合し一緒に練習することを提案し、12歳の美少年と30歳独身女性(美人)の奇妙な関係がスタートします。

©私の少年 高野ひと深(著)

定時で上がるために必死で仕事し、飲み会も断りながら真修との練習が続きます。

ある日ご飯を食べてきていない様子の真修に早く帰らないとお母さんに怒られると言いますが、それに母さんはいないと答える真修。

約束のクラブのテスト前日の練習最終日に大学時代に1年付き合って今は同じ部署の上司である男性に飲みに誘われます。いつもとは違う様子の男性ですが、いつもからかったり気まぐれなことをするだけに警戒しながら店に向かう聡子。

そこにいたのはお揃いの指輪をつけた上司と見知らぬ女性。自分は幸せだと見せつけるためなのか理由がわからない行動に少なからず傷つく聡子。

その帰り道に公園に1人でいる真修を見つけ話を聞くとレギュラーにはなれなかった。そしてサッカー自体もここで諦めなければならないと。

©私の少年 高野ひと深(著)

服装が前日と同じでお風呂にも入ってない様子の真修を聡子は自宅に誘います。

うたた寝していた聡子ですがお風呂上がりの真修に起こされあわてて寝起きの習慣となっている体温計を探してしまいます。習慣となったのは上司の男性と付き合っていた大学時代から。

そのことを思い出して涙がこぼれてしまう聡子の頭を真修はそっと抱きしめます。

お母さんが 悲しい時は人の胸の音を聴くといいって

©私の少年 高野ひと深(著)

そして聡子も真修に伝えます。

・・・はじまりは色んなものがきっかけだったよね。でもここまで続けてきたのはあなたよ。終わらせるのもあなたでいいの

©私の少年 高野ひと深(著)

むちゃくちゃ濃い一話です。現在2巻まで出ていますがいちばん好きな回かもしれないですね。

普通ならそれぞれの巻でおすすめのシーンをあらすじとともにまとめて書くところですが、これはぜひ書籍で読んで下さい。ネタバレで読むのはモッタイナイです!

スポンサーリンク

まとめ

しかしなぜ「この漫画がすごい!」のオトコ編にノミネートされてるんでしょうね。いい作品なので男女問わず楽しめると思いますが、男性向けと言われるとなんか違和感があります。

まあそこはあまり深く考えず、いい漫画なのでぜひ楽しんで下さい。いやぁ、やっぱり漫画はいいものですね!

スポンサーリンク
レクタングル広告大